投稿

注目の投稿

古事記 上卷 誓い(ウケイ) -3

イメージ
於是天照大御神 ココニアマテラスオホミカミ 告速須佐之男命 ハヤスサノヲノミコトニノリタマハク 是後所生五柱男子者 コノノチニアレマセルイツハシラノヒコミコハ 物實因我物所成 モノザネアガモノニヨリテナリマセリ 故 カレ 自吾子也 オノヅカラアガミコナリ 先所生之三柱女子者 サキニアレマセルミハシラノヒメミコハ 物實因汝物所成 モノザネミマシノモノニヨリテナリマセリ 故 カレ 乃汝子也 スナハチミマシノミコナリ 如此詔別也 カクノリワケタマヒキ

古事記 上卷 誓い(ウケイ) -2

イメージ
速須佐之男命 ハヤスサノヲノミコト 乞度天照大御神所纒左御美豆良八尺勾璁之五百津之美須麻流珠而 アマテラスオホミカミノヒダリノミミヅラニマトハシシトコロ ヤサカノマガタマノイオツノミスマルノタマヲワタシタマヘトコヒマツリテシカルニ 奴那登母母由良爾 ヌナトモモユラニアメノマナイニ 振滌天之眞名井而 フリススギシカルニ 佐賀美邇迦美而 サガミニカミシカルニ 於吹棄氣吹之狹霧所成神御名 フキウツルイブキノサギリニオイテナリマシシトコロカミミナヲ 正勝吾勝勝速日天之忍穗耳命 マサカツアカツカツハヤヒアメノオシホミミノミコト 亦乞度所纒右御美豆良之珠而 マタミギノトコロミミヅラニマトハシシノタマヲワタシタマヘトコヒマツリテシカルニ 佐賀美邇迦美而 サガミニカミテシカルニ 於吹棄氣吹之狹霧所成神御名 フキウツルイブキノサギリニオイテナリマシシトコロカミミナヲ 天之菩卑能命 アメノホヒノミコト 亦乞度所纒御𦆅之珠而 マタトコロカヅラニマトハシシノタマヲワタシタマヘトコヒマツリテシカルニ 佐賀美邇迦美而 サガミニカミテシカルニ 於吹棄氣吹之狹霧所成神御名 フキウツルイブキノサギリニオイテナリマシシトコロカミミナヲ 天津日子根命 アマツヒコネノミコト 又乞度所纒左御手之珠而 マタトコロヒダリノミテニマトハシシノタマヲワタシタマヘトコヒマツリテシカルニ 佐賀美邇迦美而 サガミニカミテシカルニ 於吹棄氣吹之狹霧所成神御名 フキウツルイブキノサギリニオイテナリマシシトコロカミミナヲ 活津日子根命 イクツヒコネノミコト 亦乞度所纒右御手之珠而 マタトコロミギノミテニマトハシシノタマヲワタシタマヘトコヒマツリテシカルニ 佐賀美邇迦美而 サガミニカミテシカルニ 於吹棄氣吹之狹霧所成神御名 フキウツルイブキノサギリニオイテナリマシシトコロカミミナヲ 熊野久須毘命 クマノクスビノミコト 幷五柱 アハセテイツハシラ

古事記 上卷 誓い(ウケイ) -1

イメージ
故爾各中置天安河而 カレココニ オノモオノモアメノヤスノカハヲナカニオキテ 宇氣布時 ウケフトキニ 天照大御神 アマテラスオオミカミ 先乞度建速須佐之男命所佩十拳劒 ハヤスサノヲノミコトノミハカセルトツカノツルギヲコヒワタシテ 打折三段而 ミキダニウチオリテ 奴那登母母由良邇 ヌナトモモユラニ 振滌天之眞名井而 アメノマナイニフリススギテ 佐賀美邇迦美而 サガミニカミテ 於吹棄氣吹之狹霧所成神御名 フキウツルイブキノサギリニナリマセルカミノミナハ 多紀理毘賣命 タキリヒメノミコト 亦御名 マタノミナハ 謂奧津嶋比賣命 オキツシマヒメノミコトトマヲス 次市寸嶋比賣命 ツギニイチキシマヒメノミコト 亦御名 マタノミナハ 謂狹依毘賣命 サヨリヒメノミコトトマヲス 次多岐都比賣命 ツギニタギツヒメノミコト

古事記 上卷 建速須佐之男命の昇天 -2

イメージ
爾速須佐之男命答白 ココニ ハヤスサノヲノミコトコタヘテマヲサク 僕者無邪心 ヤツカレハ ヨコシマナルココロナシ 唯大御神之命以 タダオホミカミノミコトノトヒタマヒシヲモチテ 問賜僕之哭伊佐知流之事故白都良久 ヤツカレノナキイサチリシノコトノユエヲマヲサク 僕欲往妣國以哭 ヤツカレハ ハハノクニニユカムトホリテモチテナクノミ 爾大御神詔 ココニオホミカミノタマハク 汝者不可在此國而 イマシハコノクニニアラジ シカルニ 神夜良比夜良比賜 カムヤラヒニヤラヒタマヒキ 故 カレ 以爲請將罷往之狀 オモヘラクマサニカヘリユカムトスルノカタチヲツゲム 參上耳 マイノボリシノミ 無異心 ケナルココロナシ 爾天照大御神詔 ココニアマテラスオホミカミノタマハク 然者 シカクアレバ 汝心之淸明 イマシガココロノキヨクアカキナルハ 何以知 ナニヲモチテシルヤ 於是 ココニオイテ 速須佐之男命答白 ハヤスサノオノミコトコタヘテマヲサク 各宇氣比而生子 オノオノウケヒニオイテコヲナサム

古事記 上卷 建速須佐之男命の昇天 -1

イメージ
故於是 カレココニ 速須佐之男命言 ハヤスサノヲノミコトイハク 然者 シカクアレバ 請天照大御神 アマテラスオホミカミニ 將罷 マカムヲコヒテ 乃參上天時 スナハチアマニマヰノボラムトストイヒキ 山川悉動 トキニヤマカワコトゴトクトヨミテ 國土皆震 クニノツチナヰフリキ 爾天照大御神 ココニアマテラスオホミカミ 聞驚而詔 キコシオドロキテノタマヒシク 我那勢命之上來由者 ワガナセノミコト コレノボリクルヨシハ 必不善心 カナラズヨカラヌココロニテ 欲奪我國耳 ワガクニヲウバハムトホリスルノミトノタマヒキ 卽解御髮 スナハチ ミカミヲトキ 纒御美豆羅而 ミミヅラヲマトヒタマヒキ 乃於左右御美豆羅 スナハチ ヒダリミギノミミヅラニ 亦於御𦆅 マタミカヅラニ 亦於左右御手 マタサユウノミテニ 各纒持八尺勾璁之五百津之美須麻流之珠而 オノモオノモ ヤサカノマガタマノイホツノミスマルノタマヲマトヒモチテ 曾毘良邇者 ソビラニハ 負千入之靫 チノリノユキヲオヒテ 比良邇者 ヒラニハ 附五百入之靫 イホノリノユキヲツケタマヒキ 亦所取佩伊都之竹鞆而 マタ イツノトモヲトリハカシタマヒテ 弓腹振立而 ユハラフリタテテ 堅庭者 カタニハハ 於向股蹈那豆美 ムカモモニフミナヅミ 如沫雪蹶散而 アハユキゴトクヱハララカシ 伊都之男建蹈建而待問 イツノヲタケブフミタケビテマチ 何故上來 ナニユヱニノボリキタルカトトヒタマヒキ

古事記 上卷 三貴子の誕生 -2

イメージ
故 カレ 各隨依賜之命 オノモオノモヨサシタマヘルミコトノマニマニ 所知看之中 シロシメスナカニ 速須佐之男命 ハヤスサノヲノミコ 不知所命之國而 ヨサシタマヘルクニヲシラサズテ 八拳須至于心前 ヤツカヒゲムナサキニイタルマデ 啼伊佐知伎也 ナキイサチキ 其泣狀者 ソノナキタマフサマハ 青山如枯山泣枯 アオヤマヲカラヤマナスナキカラシ 河海者悉泣乾 ウミカワハコトゴトニナキホシキ 是以惡神之音 ココヲモチテアラブルカミノオトナヒ 如狹蠅皆滿 サバヘナスミナミチ 萬物之妖悉發 ヨロズノモノノワザハヒコトゴトニオコリキ 故 カレ 伊邪那岐大御神 イザナギノオホミカミ 詔速須佐之男命 ハヤスサノオノミコトニノリタマハク 何由以 ナニトカモ 汝不治所事依之國而 ミマシハコトヨサセルクニヲシラサズテ 哭伊佐知流 ナキイサチル トノリタマヘバ 爾答白 マヲシタマハク 僕者欲罷妣國根之堅洲國故哭 ワレハハハノクニ ネノカタスクニニマカラムトオモフガユエニナク 爾伊邪那岐大御神大忿怒詔 ココニイザナギノオホミカミイタクイカラシテ 然者汝不可住此國 シカラバミマシコノクニニハナスミゾ トノリタマヒテ 乃神夜良比爾夜良比賜也 スナハチカムヤラヒニヤラヒタマヒキ 故 カレ 其伊邪那岐大神者 ソノイザナギノオホミカミハ 坐淡海之多賀也 アフミノタガニマスナリ

古事記 上卷 三貴子の誕生 -1

イメージ
於是 ココニ 洗左御目時 ヒダリノミメヲアラヒマシシトキ 所成神名 ナリマサエシトコロノカミノナハ 天照大御神 アマテラスオホミカミ 次洗右御目時 ツギニミギノミメヲアラヒマシシトキ 所成神名 ナリマサエシトコロノカミノナハ 月讀命 ツクヨミノミコト 次洗御鼻時 ツギニミハナヲアラヒマシシトキ 所成神名 ナリマサエシトコロノカミノナハ 建速須佐之男命 タケハヤスサノヲノミコト 右件八十禍津日神以下 ミギノクダリ ヤソマガツヒノカミノシモツカタ 速須佐之男命以前 ハヤスサノヲノミコトノサキツカタ 十四柱神者 トハシラアマリヨハシラノカミハ 因滌御身所生者也 オホミミヲススギマシシトコロニヨリナリシモノナリ 此時伊邪那伎命 コノトキ イザナギノミコト 大歡喜詔 ハナハダヨロコビテノタマハク 吾者生生子而 ワレハコヲウミウミテ 於生終得三貴子 ウミヲヘルニ ミハシラノタフトキコヲエテアリトノタマヒテ 卽其御頸珠之玉緖母由良邇 スナワチ ソノミクビノタマノタマノヲモユラニ 取由良迦志而 トリユラカシメテ 賜天照大御神而詔之 アマテラスオホミカミニタマハリテノタマハク 汝命者 イマシノオホセゴトハ 所知高天原矣 タカアマハラコレシラシムトコロゾトノタマヒテ 事依而賜也 コトヨセタマヒキ 故其御頸珠名 カレソノミクビノタマノナハ 謂御倉板擧之神 ミクラタナノカミトイフ 次詔月讀命 ツギニツクヨミノミコトニノタマハク 汝命者 イマシノオホセゴトハ 所知夜之食國矣 ヨノヲスクニコレシラシムトコロゾトノタマヒテ 事依也 コトヨセタマヒキ 次詔建速須佐之男命 ツギニタテハヤスサノヲノミコトニノタマハク 汝命者 イマシノオホセゴトハ 所知海原矣 ウナハラコレシラシムトコロゾトノタマヒテ 事依也 コトヨセタマヒキ