投稿

注目の投稿

古事記 上卷 禊祓 -2

イメージ
故 カレ 於投棄御杖所成神名 ミツエヲナゲスチシトコロニオイテナレルカミノナハ 衝立船戸神 ツキタツフナトノカミ 次於投棄御帶所成神名 ツギニミタイヲナゲスチシトコロニオイテナレルカミノナハ 道之長乳齒神 ミチノナガチハノカミ 次於投棄御囊所成神名 ツギニミフクロヲナゲスチシトコロニオイテナレルカミノナハ 時量師神 トキハカラシノカミ 次於投棄御衣所成神名 ツギニミキヌヲナゲスチシトコロニオイテナレルカミノナハ 和豆良比能宇斯能神 ワヅラヒノウシノカミ 次於投棄御褌所成神名 ツギニミハカマヲナゲスチシトコロニオイテナレルカミノナハ 道俣神 チマタノカミ 次於投棄御冠所成神名 ツギニミカガフリヲナゲスチシトコロニオイテナレルカミノナハ 飽咋之宇斯能神 アキグヒノウシノカミ 次於投棄左御手之手纒所成神名 ツギニヒダリノミテノタマキヲナゲスチシトコロニオイテナレルカミノナハ 奧疎神 オキザカルノカミ 次奧津那藝佐毘古神 ツギニオキツナギサビコノカミ 次奧津甲斐辨羅神 ツギニオキツカヒベラノカミ 次於投棄右御手之手纒所成神名 ツギニミギノミテノテタマキヲナゲスチシトコロニオイテナレルカミノナハ 邊疎神 ヘザカルノカミ 次邊津那藝佐毘古神 ツギニヘツナギサビコノカミ 次邊津甲斐辨羅神 ツギニヘツカヒベラノカミトイフ 右件自船戸神以下 ミギノクダリ フナトノカミヨリシモツカタ 邊津甲斐辨羅神以前 ヘツカヒベラノカミノサキツカタ 十二神者 トヲツアマリフタハシラノカミハ 因脱著身之物 ミニツケシノモノヲヌキシ 所生神也 トコロニヨリテナリマシキカミナリ

古事記 上卷 禊祓 -1

イメージ
是以 コヲモチテ 伊邪那伎大神詔 イザナギノオホミカミノタマハク 吾者到於伊那志許米 アレハイナシコメ 志許米岐穢國而在祁理 シコメキキタナキクニニイタリテスナワチアリケリ 故 カレ 吾者爲御身之禊 アレハオホミミノミソギヲセムトノタマヒテ 而 シカルニ 到坐竺紫日向之橘小門之阿波岐原而 チクシヒムカノタチバナノヲドノアハキハラニテシカルニ 禊祓也 ミソギハラヒタマヒキナリ

古事記 上卷 黄泉国 -4

イメージ
最後 モトモノチ 其妹伊邪那美命 ソノイモイザナミノミコトノ 身自追來焉 ミミヅカラオヒキタリイズクンゾ 爾千引石引塞其黃泉比良坂 ココニチビキノイハヲヒキテソノヨモツヒラサカヲセキタマヒキ 其石置中 ソノイハヲナカニオキテ 各對立而 オノモオノモムカヒタチテシカルニ 度事戸之時 コトドヲワタセシノトキ 伊邪那美命言 イザナミノミコトマヲシタマヒシク 愛我那勢命 ウツクシアガナセノミコトヨ 爲如此者 コノゴトクシタマヘバ 汝國之人草 ナノクニノヒトクサヲ 一日絞殺千頭 ヒトヒニチガシラシメコロシマツラム 爾伊邪那岐命詔 ココニイザナギノミコトノタマハク 愛我那邇妹命 ウツクシアガナニモノミコトヨ 汝爲然者 ナガシカシタマヘバ 吾一日立千五百產屋 アレハヒトヒニチウブヤアマリイホウブヤヲタタシタマハム 是以 コヲモチテ 一日必千人死・一日必千五百人生也 ヒトヒカナラズチヒトシニシ・ヒトヒカナラズチヒトアマリイホヒトウマルナリ 故 カレ 號其伊邪那美神命 ソノイザナミノミコトヲナヅケ 謂黃泉津大神 ヨモツオホカミト 亦云 イヒテマタ 以其追斯伎斯而 ソノオヒシキシヲモチテイヒテシカルニ 號道敷大神 チシキノオホカミトナヅク 亦所塞其黃泉坂之石者 マタソノトコロセカエシヨモツサカノイハヲバ 號道反大神 チガヘシノオホカミトナヅケ 亦謂塞坐黃泉戸大神 マタサヤリマスヨミトノオホカミトイフ 故 カレ 其所謂黃泉比良坂者 ソノイハユルヨモツヒラサカハ 今謂出雲國之伊賦夜坂也 イマニイヅモノクニノイフヤサカトイフナリ

古事記 上卷 黄泉国 -3

イメージ
且後者 シマラクシテノチニ 於其八雷神 ソノヤツノイカヅチノカミニ 副千五百之黃泉軍 チイホノヨモツイクサヲソヘテ 令追 オハシメキ 爾拔所御佩之十拳劒而 シカクシテミハカセルトツカノツルギヲヌキテ 於後手布伎都都逃來 シリヘデニフキツツニゲクルニ 猶追 ナホオヒキ 到黃泉比良坂之坂本時 ヨモツヒラサカノサカモトニイタリシトキニ 取在其坂本桃子三箇待擊者 ソノサカモトニアルモモノミヲミツトリテマチウチシカバ 悉迯返也 コトゴトクサカヲカヘリキ 爾伊邪那岐命 シカクシテイザナキノミコト 告其桃子 モモノミニノラサク 汝 ナレ 如助吾 アレヲタスケシガゴトク 於葦原中國所有宇都志伎青人草之落苦瀬而患惚時 アシハラノナカツクニニアルウツシキアヲヒトクサノクルシキセニオチテウレヘナヤムトキニ 可助 タスクベシ 告 トノリテ 賜名號 ナヲタマヒテ 意富加牟豆美命 オホカムヅミノミコトトナヅケキ

古事記 上卷 黄泉国 -2

イメージ
於是伊邪那岐命 ココニオイテイザナギノミコト 見畏而逃還之時 ミメシテオソリテシカルニニゲカヘリタマヒシノトキ 其妹伊邪那美命言 ソノイモイザナミノミコトイヒシク 令見辱吾 アレニハヅカシケルヲミシムトイヒキ 卽遣豫母都志許賣令追 スナハチヨモツシコメヲツカハシオハシム 爾伊邪那岐命 ココニイザナギノミコト 取黑御𦆅投棄 クロミカヅラヲトリテナゲスチ 乃生蒲子 スナハチエビカヅラオヒ 是摭食之間 コレヲヒロヒハミシノマニ 逃行 ニゲユキキ 猶追 ナホオヒテ 亦刺其右御美豆良之湯津津間櫛引闕而投棄 マタソノミギノミミヅラニサシシノユツツマグシヒキカキシカルニナゲスチ 乃生笋 スナハチタカムナオヒ 是拔食之間 コレヲヌキハミシノマニ 逃行 ニゲユキキ

古事記 上卷 黄泉国 -1

イメージ
於是 ココニ 欲相見其妹伊邪那美命 ソノイモ イザナミノミコトニアイミムトオモホシテ 追往黃泉國 オヒテヨモツクニニイキタマヒキ 爾自殿騰戸出向之時 ココニトノノアゲトヨリイデテムカヒシノトキ 伊邪那岐命語詔之 イザナギノミコトカタリテノタマハクノ 愛我那邇妹命 ウルハシアガナニモノミコトヨ 吾與汝所作之國 アレトイマシトノツクリシトコロノクニハ 未作竟 イマダツクリオヘザリキ 故 カレ 可還 カヘルベシ 爾伊邪那美命答白 ココニイザナミノミコトコタヘテマオサク 悔哉 クユルヤ 不速來 ハヤクキマサズ 吾者爲黃泉戸喫 アレハヨモトノクラヒモノヲシマツリキ 然 シカレドモ 愛我那勢命 ウルハシアガナセミコト 入來坐之事恐 イリキタリマシシノコトカシコミマツル 故 カレ 欲還 カヘリタマヒテ 且與黃泉神相論 マタヨモツカミトアヒトキタマハムトオモホス 莫視我 アレヲミルナカレ 如此白而還入其殿內之間 コノマオセシゴトシスナハチソノトノノウチニカヘリイリシノマ 甚久難待 ハナハダヒサシカリテマチガタシ 故 カレ 刺左之御美豆良 サノミミミヅラニサシタル 湯津津間櫛之男柱一箇取闕而 ユツツマクシノヲバシラヲヒトツトリカケテシカルニ 燭一火入見之時 ヒトツホヲトモシタマヒキ イリタマヒメシシノトキ 宇士多加禮許呂呂岐弖 ウジタカレコロロギテ 於頭者大雷居 カシラニオイテハオホイカヅチヲリテ 於胸者火雷居 ムネニオイテハホノイカヅチヲリテ 於腹者黑雷居 ハラニオイテハクロイカヅチヲリテ 於陰者拆雷居 ホトニオイテハサクイカヅチヲリテ 於左手者若雷居 ヒダリテニオイテハワカイカヅチヲリテ 於右手者土雷居 ミギテニオイテハツチイカヅチヲリテ 於左足者鳴雷居 ヒダリアシニオイテハナルイカヅチヲリテ 於右足者伏雷居 ミギアシニオイテハフスイカヅチヲリテ 幷八雷神成居 アハセテヤイカズチノカミナリヲリキ

古事記 上卷 火神被殺 -2

イメージ
所殺迦具土神之於頭所成神名 コロサエシカグツチノカミノカシラニオイテトコロナレルカミノナハ 正鹿山上津見神 マサカヤマツミノカミ 次於胸所成神名 ツギニムネニオイテトコロナレルカミノナハ 淤縢山津見神 オドヤマツミノカミ 次於腹所成神名 ツギニハラニオイテトコロナレルカミノナハ 奧山上津見神 オクヤマツミノカミ 次於陰所成神名 ツギニホトニオイテトコロナレルカミノナハ 闇山津見神 クラヤマツミノカミ 次於左手所成神名 ツギニヒダリテニオイテトコロナレルカミノナハ 志藝山津見神 シギヤマツミノカミ 次於右手所成神名 ツギニミギテニオイテトコロナレルカミノナハ 羽山津見神 ハヤマツミノカミ 次於左足所成神名 ツギニヒダリアシニオイテトコロナレルカミノナハ 原山津見神 ハラヤマツミノカミ 次於右足所成神名 ツギニミギアシニオイテトコロナレルカミノナハ 戸山津見神 トヤマツミノカミトイフ 自正鹿山津見神至戸山津見神 マサカヤマツミノカミヨリトヤマツミノカミニイタリテ 幷八神 アハセテヤハシラノカミナリ 故 カレ 所斬之刀名 トコロキラエシノカタナノナハ 謂天之尾羽張 アマノオハバリトイヒテ 亦名謂伊都之尾羽張 マタノナハイツノオハバリトイフ