投稿

2022の投稿を表示しています

古事記 上卷 三貴子の誕生 -2

イメージ
故 カレ 各隨依賜之命 オノモオノモヨサシタマヘルミコトノマニマニ 所知看之中 シロシメスナカニ 速須佐之男命 ハヤスサノヲノミコ 不知所命之國而 ヨサシタマヘルクニヲシラサズテ 八拳須至于心前 ヤツカヒゲムナサキニイタルマデ 啼伊佐知伎也 ナキイサチキ 其泣狀者 ソノナキタマフサマハ 青山如枯山泣枯 アオヤマヲカラヤマナスナキカラシ 河海者悉泣乾 ウミカワハコトゴトニナキホシキ 是以惡神之音 ココヲモチテアラブルカミノオトナヒ 如狹蠅皆滿 サバヘナスミナミチ 萬物之妖悉發 ヨロズノモノノワザハヒコトゴトニオコリキ 故 カレ 伊邪那岐大御神 イザナギノオホミカミ 詔速須佐之男命 ハヤスサノオノミコトニノリタマハク 何由以 ナニトカモ 汝不治所事依之國而 ミマシハコトヨサセルクニヲシラサズテ 哭伊佐知流 ナキイサチル トノリタマヘバ 爾答白 マヲシタマハク 僕者欲罷妣國根之堅洲國故哭 ワレハハハノクニ ネノカタスクニニマカラムトオモフガユエニナク 爾伊邪那岐大御神大忿怒詔 ココニイザナギノオホミカミイタクイカラシテ 然者汝不可住此國 シカラバミマシコノクニニハナスミゾ トノリタマヒテ 乃神夜良比爾夜良比賜也 スナハチカムヤラヒニヤラヒタマヒキ 故 カレ 其伊邪那岐大神者 ソノイザナギノオホミカミハ 坐淡海之多賀也 アフミノタガニマスナリ

古事記 上卷 三貴子の誕生 -1

イメージ
於是 ココニ 洗左御目時 ヒダリノミメヲアラヒマシシトキ 所成神名 ナリマサエシトコロノカミノナハ 天照大御神 アマテラスオホミカミ 次洗右御目時 ツギニミギノミメヲアラヒマシシトキ 所成神名 ナリマサエシトコロノカミノナハ 月讀命 ツクヨミノミコト 次洗御鼻時 ツギニミハナヲアラヒマシシトキ 所成神名 ナリマサエシトコロノカミノナハ 建速須佐之男命 タケハヤスサノヲノミコト 右件八十禍津日神以下 ミギノクダリ ヤソマガツヒノカミノシモツカタ 速須佐之男命以前 ハヤスサノヲノミコトノサキツカタ 十四柱神者 トハシラアマリヨハシラノカミハ 因滌御身所生者也 オホミミヲススギマシシトコロニヨリナリシモノナリ 此時伊邪那伎命 コノトキ イザナギノミコト 大歡喜詔 ハナハダヨロコビテノタマハク 吾者生生子而 ワレハコヲウミウミテ 於生終得三貴子 ウミヲヘルニ ミハシラノタフトキコヲエテアリトノタマヒテ 卽其御頸珠之玉緖母由良邇 スナワチ ソノミクビノタマノタマノヲモユラニ 取由良迦志而 トリユラカシメテ 賜天照大御神而詔之 アマテラスオホミカミニタマハリテノタマハク 汝命者 イマシノオホセゴトハ 所知高天原矣 タカアマハラコレシラシムトコロゾトノタマヒテ 事依而賜也 コトヨセタマヒキ 故其御頸珠名 カレソノミクビノタマノナハ 謂御倉板擧之神 ミクラタナノカミトイフ 次詔月讀命 ツギニツクヨミノミコトニノタマハク 汝命者 イマシノオホセゴトハ 所知夜之食國矣 ヨノヲスクニコレシラシムトコロゾトノタマヒテ 事依也 コトヨセタマヒキ 次詔建速須佐之男命 ツギニタテハヤスサノヲノミコトニノタマハク 汝命者 イマシノオホセゴトハ 所知海原矣 ウナハラコレシラシムトコロゾトノタマヒテ 事依也 コトヨセタマヒキ

古事記 上卷 禊祓 -3

イメージ
於是詔之 ココニオイテノタマハク 上瀬者瀬速 カミツセハ セトク 下瀬者瀬弱 シモツセハ セヨワシ 而 シカルニ 初於中瀬墮迦豆伎而滌時 ハジメテナカツセニオイテオリカヅキシカルニススギマシシトキ 所成坐神名 ナリマサエシトコロカミノナハ 八十禍津日神 ヤソマカツヒノカミ 次大禍津日神 ツギニオホマカツヒノカミ 此二神者 コノフタカミハ 所到其穢繁國之時 ソノキタナキクニニイタリマシシトコロノトキ 因汚垢而所成神之者也 キタナキアカニヨリテシカルニカミニナリマサエシトコロノモノナリ 次爲直其禍而所成神名 ツギニソノマガヲナホシテシカルニナリマサエシトコロカミノナハ 神直毘神 カムナホビノカミ 次大直毘神次大直毘神 ツギニオホナホビノカミ 次伊豆能賣神 ツギニイヅノメノカミ 次於水底滌時 ツギニミナソコニオイテススギマシシトキ 所成神名 ナリマサエシトコロノカミノナハ 底津綿上津見神 ソコツワタツミノカミ 次底筒之男命 ツギニソコツツノヲノミコト 於中滌時 ナカニオイテススギマシシトキ 所成神名 ナリマサエシトコロカミノナハ 中津綿上津見神 ナカツワタツミノカミ 次中筒之男命 ツギニナカツツノヲノミコト 於水上滌時 ミナカミニオイテススギマシシトキ 所成神名 ナリマサエシトコロカミハ 上津綿上津見神 ウハツワタツミノカミ 次上筒之男命 ツギニウハツツノヲノミコト 此三柱綿津見神者 コノミハシラノワタツミノカミハ 阿曇連等之祖神以伊都久神也 アヅミノムラジラノオヤガミナリテモチテイツクカミナリ 故 カレ 阿曇連等者 アヅミノムラジラハ 其綿津見神之子 ソノワタツミノカミノコ 宇都志日金拆命之子孫也 ウツシヒカナサクノミコトノアナスエナリ 其底筒之男命 ソノソコツツノヲノミコト 中筒之男命 ナカツツノヲノミコト 上筒之男命三柱神者 ウハツツノヲノミコトミハシラノカミハ 墨江之三前大神也 スミエノミマエノオホカミナリ

古事記 上卷 禊祓 -2

イメージ
故 カレ 於投棄御杖所成神名 ミツエヲナゲスチシトコロニオイテナレルカミノナハ 衝立船戸神 ツキタツフナトノカミ 次於投棄御帶所成神名 ツギニミタイヲナゲスチシトコロニオイテナレルカミノナハ 道之長乳齒神 ミチノナガチハノカミ 次於投棄御囊所成神名 ツギニミフクロヲナゲスチシトコロニオイテナレルカミノナハ 時量師神 トキハカラシノカミ 次於投棄御衣所成神名 ツギニミキヌヲナゲスチシトコロニオイテナレルカミノナハ 和豆良比能宇斯能神 ワヅラヒノウシノカミ 次於投棄御褌所成神名 ツギニミハカマヲナゲスチシトコロニオイテナレルカミノナハ 道俣神 チマタノカミ 次於投棄御冠所成神名 ツギニミカガフリヲナゲスチシトコロニオイテナレルカミノナハ 飽咋之宇斯能神 アキグヒノウシノカミ 次於投棄左御手之手纒所成神名 ツギニヒダリノミテノタマキヲナゲスチシトコロニオイテナレルカミノナハ 奧疎神 オキザカルノカミ 次奧津那藝佐毘古神 ツギニオキツナギサビコノカミ 次奧津甲斐辨羅神 ツギニオキツカヒベラノカミ 次於投棄右御手之手纒所成神名 ツギニミギノミテノテタマキヲナゲスチシトコロニオイテナレルカミノナハ 邊疎神 ヘザカルノカミ 次邊津那藝佐毘古神 ツギニヘツナギサビコノカミ 次邊津甲斐辨羅神 ツギニヘツカヒベラノカミトイフ 右件自船戸神以下 ミギノクダリ フナトノカミヨリシモツカタ 邊津甲斐辨羅神以前 ヘツカヒベラノカミノサキツカタ 十二神者 トヲツアマリフタハシラノカミハ 因脱著身之物 ミニツケシノモノヲヌキシ 所生神也 トコロニヨリテナリマシキカミナリ

古事記 上卷 禊祓 -1

イメージ
是以 コヲモチテ 伊邪那伎大神詔 イザナギノオホミカミノタマハク 吾者到於伊那志許米 アレハイナシコメ 志許米岐穢國而在祁理 シコメキキタナキクニニイタリテスナワチアリケリ 故 カレ 吾者爲御身之禊 アレハオホミミノミソギヲセムトノタマヒテ 而 シカルニ 到坐竺紫日向之橘小門之阿波岐原而 チクシヒムカノタチバナノヲドノアハキハラニテシカルニ 禊祓也 ミソギハラヒタマヒキナリ

古事記 上卷 黄泉国 -4

イメージ
最後 モトモノチ 其妹伊邪那美命 ソノイモイザナミノミコトノ 身自追來焉 ミミヅカラオヒキタリイズクンゾ 爾千引石引塞其黃泉比良坂 ココニチビキノイハヲヒキテソノヨモツヒラサカヲセキタマヒキ 其石置中 ソノイハヲナカニオキテ 各對立而 オノモオノモムカヒタチテシカルニ 度事戸之時 コトドヲワタセシノトキ 伊邪那美命言 イザナミノミコトマヲシタマヒシク 愛我那勢命 ウツクシアガナセノミコトヨ 爲如此者 コノゴトクシタマヘバ 汝國之人草 ナノクニノヒトクサヲ 一日絞殺千頭 ヒトヒニチガシラシメコロシマツラム 爾伊邪那岐命詔 ココニイザナギノミコトノタマハク 愛我那邇妹命 ウツクシアガナニモノミコトヨ 汝爲然者 ナガシカシタマヘバ 吾一日立千五百產屋 アレハヒトヒニチウブヤアマリイホウブヤヲタタシタマハム 是以 コヲモチテ 一日必千人死・一日必千五百人生也 ヒトヒカナラズチヒトシニシ・ヒトヒカナラズチヒトアマリイホヒトウマルナリ 故 カレ 號其伊邪那美神命 ソノイザナミノミコトヲナヅケ 謂黃泉津大神 ヨモツオホカミト 亦云 イヒテマタ 以其追斯伎斯而 ソノオヒシキシヲモチテイヒテシカルニ 號道敷大神 チシキノオホカミトナヅク 亦所塞其黃泉坂之石者 マタソノトコロセカエシヨモツサカノイハヲバ 號道反大神 チガヘシノオホカミトナヅケ 亦謂塞坐黃泉戸大神 マタサヤリマスヨミトノオホカミトイフ 故 カレ 其所謂黃泉比良坂者 ソノイハユルヨモツヒラサカハ 今謂出雲國之伊賦夜坂也 イマニイヅモノクニノイフヤサカトイフナリ

古事記 上卷 黄泉国 -3

イメージ
且後者 シマラクシテノチニ 於其八雷神 ソノヤツノイカヅチノカミニ 副千五百之黃泉軍 チイホノヨモツイクサヲソヘテ 令追 オハシメキ 爾拔所御佩之十拳劒而 シカクシテミハカセルトツカノツルギヲヌキテ 於後手布伎都都逃來 シリヘデニフキツツニゲクルニ 猶追 ナホオヒキ 到黃泉比良坂之坂本時 ヨモツヒラサカノサカモトニイタリシトキニ 取在其坂本桃子三箇待擊者 ソノサカモトニアルモモノミヲミツトリテマチウチシカバ 悉迯返也 コトゴトクサカヲカヘリキ 爾伊邪那岐命 シカクシテイザナキノミコト 告其桃子 モモノミニノラサク 汝 ナレ 如助吾 アレヲタスケシガゴトク 於葦原中國所有宇都志伎青人草之落苦瀬而患惚時 アシハラノナカツクニニアルウツシキアヲヒトクサノクルシキセニオチテウレヘナヤムトキニ 可助 タスクベシ 告 トノリテ 賜名號 ナヲタマヒテ 意富加牟豆美命 オホカムヅミノミコトトナヅケキ

古事記 上卷 黄泉国 -2

イメージ
於是伊邪那岐命 ココニオイテイザナギノミコト 見畏而逃還之時 ミメシテオソリテシカルニニゲカヘリタマヒシノトキ 其妹伊邪那美命言 ソノイモイザナミノミコトイヒシク 令見辱吾 アレニハヅカシケルヲミシムトイヒキ 卽遣豫母都志許賣令追 スナハチヨモツシコメヲツカハシオハシム 爾伊邪那岐命 ココニイザナギノミコト 取黑御𦆅投棄 クロミカヅラヲトリテナゲスチ 乃生蒲子 スナハチエビカヅラオヒ 是摭食之間 コレヲヒロヒハミシノマニ 逃行 ニゲユキキ 猶追 ナホオヒテ 亦刺其右御美豆良之湯津津間櫛引闕而投棄 マタソノミギノミミヅラニサシシノユツツマグシヒキカキシカルニナゲスチ 乃生笋 スナハチタカムナオヒ 是拔食之間 コレヲヌキハミシノマニ 逃行 ニゲユキキ

古事記 上卷 黄泉国 -1

イメージ
於是 ココニ 欲相見其妹伊邪那美命 ソノイモ イザナミノミコトニアイミムトオモホシテ 追往黃泉國 オヒテヨモツクニニイキタマヒキ 爾自殿騰戸出向之時 ココニトノノアゲトヨリイデテムカヒシノトキ 伊邪那岐命語詔之 イザナギノミコトカタリテノタマハクノ 愛我那邇妹命 ウルハシアガナニモノミコトヨ 吾與汝所作之國 アレトイマシトノツクリシトコロノクニハ 未作竟 イマダツクリオヘザリキ 故 カレ 可還 カヘルベシ 爾伊邪那美命答白 ココニイザナミノミコトコタヘテマオサク 悔哉 クユルヤ 不速來 ハヤクキマサズ 吾者爲黃泉戸喫 アレハヨモトノクラヒモノヲシマツリキ 然 シカレドモ 愛我那勢命 ウルハシアガナセミコト 入來坐之事恐 イリキタリマシシノコトカシコミマツル 故 カレ 欲還 カヘリタマヒテ 且與黃泉神相論 マタヨモツカミトアヒトキタマハムトオモホス 莫視我 アレヲミルナカレ 如此白而還入其殿內之間 コノマオセシゴトシスナハチソノトノノウチニカヘリイリシノマ 甚久難待 ハナハダヒサシカリテマチガタシ 故 カレ 刺左之御美豆良 サノミミミヅラニサシタル 湯津津間櫛之男柱一箇取闕而 ユツツマクシノヲバシラヲヒトツトリカケテシカルニ 燭一火入見之時 ヒトツホヲトモシタマヒキ イリタマヒメシシノトキ 宇士多加禮許呂呂岐弖 ウジタカレコロロギテ 於頭者大雷居 カシラニオイテハオホイカヅチヲリテ 於胸者火雷居 ムネニオイテハホノイカヅチヲリテ 於腹者黑雷居 ハラニオイテハクロイカヅチヲリテ 於陰者拆雷居 ホトニオイテハサクイカヅチヲリテ 於左手者若雷居 ヒダリテニオイテハワカイカヅチヲリテ 於右手者土雷居 ミギテニオイテハツチイカヅチヲリテ 於左足者鳴雷居 ヒダリアシニオイテハナルイカヅチヲリテ 於右足者伏雷居 ミギアシニオイテハフスイカヅチヲリテ 幷八雷神成居 アハセテヤイカズチノカミナリヲリキ

古事記 上卷 火神被殺 -2

イメージ
所殺迦具土神之於頭所成神名 コロサエシカグツチノカミノカシラニオイテトコロナレルカミノナハ 正鹿山上津見神 マサカヤマツミノカミ 次於胸所成神名 ツギニムネニオイテトコロナレルカミノナハ 淤縢山津見神 オドヤマツミノカミ 次於腹所成神名 ツギニハラニオイテトコロナレルカミノナハ 奧山上津見神 オクヤマツミノカミ 次於陰所成神名 ツギニホトニオイテトコロナレルカミノナハ 闇山津見神 クラヤマツミノカミ 次於左手所成神名 ツギニヒダリテニオイテトコロナレルカミノナハ 志藝山津見神 シギヤマツミノカミ 次於右手所成神名 ツギニミギテニオイテトコロナレルカミノナハ 羽山津見神 ハヤマツミノカミ 次於左足所成神名 ツギニヒダリアシニオイテトコロナレルカミノナハ 原山津見神 ハラヤマツミノカミ 次於右足所成神名 ツギニミギアシニオイテトコロナレルカミノナハ 戸山津見神 トヤマツミノカミトイフ 自正鹿山津見神至戸山津見神 マサカヤマツミノカミヨリトヤマツミノカミニイタリテ 幷八神 アハセテヤハシラノカミナリ 故 カレ 所斬之刀名 トコロキラエシノカタナノナハ 謂天之尾羽張 アマノオハバリトイヒテ 亦名謂伊都之尾羽張 マタノナハイツノオハバリトイフ

古事記 上卷 火神被殺 -1

イメージ
於是伊邪那岐命 ココニイザナギノミコト 拔所御佩之十拳劒 ミハカシノトツカノツルギヲヌキテ 斬其子迦具土神之頸 ソノコ カグツチノカミノクビヲキリタマヒキ 爾著其御刀前之血 ココニソノミタチノサキノチヲアラハシテ 走就湯津石村 ユツイハムラニタバシリテ 所成神名 ナレルカミノナハ 石拆神 イハサクノカミ 次根拆神 ツギニネサクノカミ 次石筒之男神 ツギニイハツツノヲノカミ 次著御刀本血亦 ツギニミハカシノモトニツケルチモ 走就湯津石村 ユツイハムラニタバシリツキテ 所成神名 ナレルカミノナハ 甕速日神 ミカハヤビノカミ 次樋速日神 ツギニヒハヤビノカミ 次建御雷之男神 ツギニタケミカヅチノオノカミ 亦名建布都神 マタノナハ タケフツノカミ 亦名豐布都神 マタノナハ トヨフツノカミ 次集御刀之手上血 ツギニミハカシノタガミニアツマレルチ 自手俣漏出 タナマタヨリクキデテ 所成神名 ナリマセルカミノナハ 闇淤加美神 クラオカミノカミ 次闇御津羽神 ツギニ クラミツハノカミ 上件自石拆神以下 カミノクダリ イハサクノカミヨリシモ 闇御津羽神以前 クラミツハノカミマデ 幷八神者 アワセテハヤシラノカミハ 因御刀所生之神者也 ミハカシニヨリテ ナリマセルカミナリ

古事記 上卷 伊邪那美の神避り -2

イメージ
故爾伊邪那岐命詔之愛我那邇妹命乎 シカルユエニ イザナギノミコトノラサク コノウツクシアガナニモノイノチカナ 謂易子之一木乎 コノヒトツキニカフトイフカナ 乃匍匐御枕方 スナハチ ミマクラノカタニ 匍匐御足方而哭時 ハヒミアシノカタニハヒテ スナハチナキタルトキ 於御淚所成神 ミナミダストコロニオイテカミナリ 坐香山之畝尾木本 カグヤマノウネビノキノモトニマシ 名泣澤女神 ナハ ナキサワメノカミ 故 カレ 其所神避之伊邪那美神者 ソノカムサリシトコロノイザナミノカミハ 葬出雲國與伯伎國堺比婆之山也 イズモノクニトホウキノクニトヲサカフヒバノヤマニハブルナリ

古事記 上卷 伊邪那美の神避り -1

イメージ
次生神名 ツギニウメルカミノナハ 鳥之石楠船神 トリノイハクスフネノカミ 亦名謂天鳥船 マタノナハ アメノトリフネトイフ 次生大宜都比賣神 ツギニ オホゲツヒメノカミヲウム 次生火之夜藝速男神 ツギニ ヒノヤギハヤヲノカミヲウム 亦名謂火之炫毘古神 マタノナハ ヒノカガビコノカミトイフ 亦名謂火之迦具土神 マタノナハ ヒノカグツチノカミトイフ 因生此子 コノコヲウメルニヨリテ 美蕃登見炙而病臥 ミホトヤカエテヤミコヤセリ 多具理邇生神名 タグリニナリマセルカミノナハ 金山毘古神 カミヤマビコノカミ 次金山毘賣神 ツギニ カナヤマビメノカミ 次於屎成神名 ツギニ クソニナリマセルカミノナハ 波邇夜須毘古神 ハニヤスビコノカミ 次波邇夜須毘賣神 ツギニ ハニヤスビメノカミ 次於尿成神名 ツギニ マユリニナリマセルカミノナハ 彌都波能賣神 ミツハノメノカミ 次和久產巢日神 ツギニ ワクムスヒノカミ 此神之子 コノカミノミコヲ 謂豐宇氣毘賣神 トヨウケビメノカミトイフ 故 カレ 伊邪那美神者 イザナミノカミハ 因生火神 ヒノカミヲウミマセルニヨリテ 遂神避坐也 ツイニカムサリマシヌ 自天鳥船至豐宇氣毘賣神 アメノトリフネヨリトヨウケビメノカミマデ 幷八神 アハセテヤハシラノカミナリ 凡伊邪那岐 オヨソイザナギ 伊邪那美二神 イザナミノフタハシラノカミ 共所生嶋壹拾肆嶋 トモニウミタマフシマ 神參拾伍神 カミ ミソヂマリイツハシラ 是伊邪那美神 コレイザナミノカミ 未神避以前所生 イマダカムサリザルヲモチテマエニウミシトコロナルモ 唯意能碁呂嶋者 タダオノコロシマハ 非所生 ウミシトコロニアラズ 亦姪子與淡嶋 マタヒルコトアハシマトハ 不入子之例也 コノタグヒニイラザルナリ

古事記 上卷 神生み -4

イメージ
此大山津見神・野椎神二神 コノオホヤマツミノカミ・ノツチノカミノフタハシラノカミ 因山野 ヤマノニヨリテ 持別而生神名 モチワキテ ウメルカミノナハ 天之狹土神 アメノサヅチノカミ 次國之狹土神 ツギニ クニノサヅチノカミ 次天之狹霧神 ツギニ アメノサギリノカミ 次國之狹霧神 ツギニ クニノサギリノカミ 次天之闇戸神 ツギニ アメノクラトノカミ 次國之闇戸神 ツギニ クニノクラトノカミ 次大戸惑子神 ツギニ オホトマトヒコノカミ 次大戸惑女神 ツギニ オホトマトヒメノカミ 自天之狹土神至大戸惑女神 アメノサツチノカミヨリ オホトマトヒメノカミマデ 幷八神也 アハセテヤハシラノカミナリ

古事記 上卷 神生み -3

イメージ
次生風神・名志那都比古神 ツギニ カゼノカミ・ナハ シナツヒコノカミヲウム 次生木神・名久久能智神 ツギニ キノカミ・ナハ ククノチノカミヲウム 次生山神・名大山津見神 ツギニ ヤマノカミ・ナハ オホヤマツミノカミヲウム 次生野神・名鹿屋野比賣神 ツギニ ノノカミ・ナハ カヤノヒメノカミヲウム 亦名謂野椎神 マタノナハ ノツチノカミトイフ 自志那都比古神至野椎 シナツヒコノカミヨリ ノツチノカミニイタルマデ 幷四神 アハセテ ヨハシラノカミ

古事記 上卷 神生み -2

イメージ
此速秋津日子・速秋津比賣二神 コノハヤアキツヒコ・ハヤアキツヒメフタハシラノカミ 因河海 カハウミニヨリテ 持別而生神名 モチワキテ ウメルカミノナハ 沫那藝神 アワナギノカミ 次沫那美神 ツギニ アワナミノカミ 次頰那藝神 ツギニ ツラナギノカミ 次頰那美神 ツギニ ツラナミノカミ 次天之水分神 ツギニ アメノミクマリノカミ 次國之水分神 ツギニ クニノミクマリノカミ 次天之久比奢母智神 ツギニ アメノクヒザモチノカミ  次國之久比奢母智神 ツギニ クニノクヒザモチノカミ 自沫那藝神至國之久比奢母智神 アワナギノカミヨリ クニノクヒザモチノカミマデ 幷八神 アハセテ ヤハシラノカミ

古事記 上卷 神生み -1

イメージ
既生國竟 スデニクニヲウミヲヘテ 更生神 サラニカミヲウム 故 カレ 生神名 ウメルカミノナハ 大事忍男神 オホコトオシヲノカミ 次生石土毘古神訓石云伊波 ツギニ イハツチビコノカミヲウム 次生石巢比賣神 ツギニ イハスヒメノカミヲウム 次生大戸日別神 ツギニ オホトヒワケノカミヲウム 次生天之吹上男神 ツギニ アメノフキヲノカミヲウム 次生大屋毘古神 ツギニ オホヤビコノカミヲウム 次生風木津別之忍男神 ツギニ カザモツワケノオシヲカミヲウム 次生海神 ツギニウミノカミ 名大綿津見神 ナハ オホワタツミノカミヲウム 次生水戸神 ツギニ ミナトノカミ 名速秋津日子神 ナハ ハヤアキツヒコノカミ 次妹速秋津比賣神 ツギニ イモハヤアキツヒメノカミヲウム 自大事忍男神至秋津比賣神 オホゴトオシヲノカミヨリ アキツヒメノカミマデ 幷十神 アハセテ トハシラノカミ

古事記 上卷 国生み -3

イメージ
然後 シカルノチニ 還坐之時 カヘリマストキニ 生吉備兒嶋 キビノコジマヲウム 亦名謂建日方別 マタノナハ タケヒカタワケトイフ 次生小豆嶋 ツギニアヅキシマヲウム 亦名謂大野手比賣 マタノナハ オホノデヒメトイフ 次生大嶋 ツギニオホシマヲウム 亦名謂大多麻流別 マタノナハ オホタマルワケトイフ 次生女嶋 ツギニヒメシマヲウム 亦名謂天一根 マタノナハ アメヒトツネトイフ 次生知訶嶋 ツギニチカノシマヲウム 亦名謂天之忍男 マタノナハ アメノオシヲトイフ 次生兩兒嶋 ツギニフタゴノシマヲウム 亦名謂天兩屋 マタノナハ アメノフタヤトイフ 自吉備兒嶋至天兩屋嶋 キビノコジマヨリフタゴノシママデ 幷六嶋 アハセテムシマ

古事記 上卷 国生み -2

イメージ
次生隱伎之三子嶋 ツギニ オキノミツゴノシマヲウム 亦名天之忍許呂別 マタノナハ アメノオシコロワケ 次生筑紫嶋 ツギニ ツクシノシマヲウム 此嶋亦 コノシマモ 身一而有面四 ミヒトツニシテカホヨツアリ 毎面有名 カホゴトニナアリ 故 カレ 筑紫國謂白日別 ツクシノクニハ シラヒワケトイヒ 豐國謂豐日別 トヨノクニハ トヨヒワケトイヒ 肥國謂建日向日豐久士比泥別 ヒノクニハ タケヒムカヒトヨクジヒネワケトイヒ 熊曾國謂建日別 クマソノクニハ タケヒワケトイフ 次生伊伎嶋 ツギニ イキノシマヲウム 亦名謂天比登都柱 マタノナハ アメヒトツハシラトイフ 次生津嶋 ツギニ ツシマヲウム 亦名謂天之狹手依比賣 マタノナハ アメノサデヨリヒメトイフ 次生佐度嶋 ツギニ サドノシマヲウム 次生大倭豐秋津嶋 ツギニ オホヤマトトヨアキヅシマヲウム 亦名謂天御虛空豐秋津根別 マタノナハ アメミソラトヨアキツネワケトイフ 故 カレ 因此八嶋先所生 コノヤシマヲマヅウメルニヨリテ 謂大八嶋國 オホヤシマクニトイフ

古事記 上卷 国生み -1

イメージ
於是 ココニ 二柱神議云 フタハシラノカミハカリテイハク 今吾所生之子 イマアガウメルコハ 不良 ヨクアラズ 猶宜白天神之御所 ナホアマツカミノミモトニマヲスベシ トイヒテ 卽共參上 スナハチトモニマヰノボリテ 請天神之命 アマツカミノミコトヲコフ 爾天神之命以 シカシテ アマツカミノミコトモチテ 布斗麻邇爾 フトマニニ ト相而詔之 ウラナヒテノラサク 因女先言而不良 オミナマヅイヘルニヨリテヨクアラズ 亦還降改言 マタカヘリクダリテアラタメイヘ トノラス 故爾反降 カレシカシテ 更往廻其天之御柱如先 サラニソノアメノミハシラヲユキメグルコトサキノゴトシ 於是伊邪那岐命先言 ココニイザナギノミコトマヅ 阿那邇夜志愛袁登賣袁 アナニヤシエヲトメヲ トイヒ 後妹伊邪那美命言 ノチニイザナミノミコト 阿那邇夜志愛袁登古袁 アナニヤシエヲトコヲ トイフ 如此言竟而御合生子 コノコトノゴトクオエテ シカルニミアヒウミシコハ 淡道之穗之狹別嶋 アハヂノホノサワケノシマ 次生伊豫之二名嶋 ツギニ イヨノフタナノシマヲウム 此嶋者 コノシマハ 身一而有面四 ミヒトツニシテ カホヨツアリ 毎面有名 カホゴトニナアリ 故 カレ 伊豫國謂愛比賣 イヨノクニハエヒメトイヒ 讚岐國謂飯依比古 サヌキノクニハイヒヨリヒコトイヒ 粟國謂大宜都比賣 アハノクニハオホゲツヒメトイヒ 土左國謂建依別 トサノクニハタケヨリワケトイフ

古事記 上卷 伊邪那岐命と伊邪那美命 -3

イメージ
如此之期 カクチギリテ 乃詔 スナハチ 汝者自右廻逢 ナハミギヨリメグリアヘ 我者自左廻逢 ワレハヒダリヨリメグリアハム トノリテ 約竟廻時 チギリヲヘテメグルトキニ 伊邪那美命 イザナミノミコト 先言 マヅ 阿那邇夜志愛上袁登古袁 アナニヤシエヲトコヲ トイヒ 後伊邪那岐命言 ノチニイザナギノミコト 阿那邇夜志愛上袁登賣袁 アナニヤシエヲトメヲ トイフ 各言竟之後 オノオノイヒヲヘシノチニ 告其妹曰 ソノイモニツゲテ 女人先言 ヲミナノマヅイヘルハ 不良 ヨクアラズ トイフ 雖然 シカアレドモ 久美度邇興而生子 クミドニオコシテウメルコハ 水蛭子 ヒルコ 此子者入葦船而流去 コノコハアシフネニイレテナガシウツ 次生淡嶋 ツギニアハシマヲウム 是亦不入子之例 コモマタ コノカズニイレズ

古事記 上卷 伊邪那岐命と伊邪那美命 -2

イメージ
於其嶋天降坐而 ソノシマニアモリマシテ 見立天之御柱 アメノミハシラヲミタテ 見立八尋殿 ヤヒロドノヲミタツ 於是 ココニ 問其妹伊邪那美命曰 ソノイモ イザナミノミコトニトヒテイハク 汝身者 ナガミハ 如何成 イカニカナレル トイフ 答曰 コタヘテマヲサク 吾身者 アガミハ 成成不成合處一處在 ナリナリテナリアハザルトコロ ヒトトコロアリ トマヲス 爾伊邪那岐命詔 シカシテ イザナギノミコト ノラサク 我身者 ワガミハ 成成而成餘處一處在 ナリナリテナリアマレルトコロ ヒトトコロアリ トマヲス シカシテ イザナギノミコト ノラサク 故以此吾身成餘處 ワガミハ ナリナリテナリアマレルトコロ ヒトトコロアリ 刺塞汝身不成合處而 カレ アガミノナリアマレルトコロヲモテ ナガミノナリアハザルトコロヲサシフタギテ  以爲生成國土 クニヲウミナサムトオモフ 生奈何 ウムコトイカニ トノラス 伊邪那美命答曰 イザナミノミコト コタヘテイハク 然善 シカヱケム トイフ 爾伊邪那岐命詔 シカシテ イザナギノミコト ノラサク 然者 シカラバ 吾與汝行廻逢是天之御柱而 アトナトコノアメノミハシラヲユキメグリアヒテ 爲美斗能麻具波比 ミトノマグハヒセム トノラス

古事記 上卷 伊邪那岐命と伊邪那美命 -1

イメージ
於是天神 コニオイテ アマツカミ 諸命以 モロモロノミコトモチテ 詔伊邪那岐命・伊邪那美命二柱神 イザナギノミコト・イザナミノミコト フタハシラノカミニ 修理固成是多陀用幣流之國 コノタダヨヘルクニヲツクロヒカタメナセ 賜天沼矛而言依賜也 ト ミコトノリシテ アメノヌボコヲタマヒテコトヨサシタマヒキ 故 カレ 二柱神 フタハシラノカミ 立天浮橋而指下其沼矛以畫者 アメノウキハシニタタシテ ソノヌボコヲサシオロシテカケバ 鹽許々袁々呂々邇音畫鳴而引上時 コヲロコヲロニカキナシテヒキアゲシトキ 自其矛末垂落之鹽累積 ソノホコノサキヨリシタダリオツルシオノ カサナリツモリテ 成嶋 シマトナリキ 是淤能碁呂嶋 コレオノゴロシマナリ

古事記 上卷 神世七代 -2

イメージ
次成神名 ツギニナルカミノナハ 宇比地邇神 ウヒヂニノカミ 次妹須比智邇神 ツギニイモスヒチニノカミ 次角杙神 ツギニツノグヒノカミ 次妹活杙神 ツギニイモイクグヒノカミ 次意富斗能地神 ツギニオホトノヂノカミ 次妹大斗乃辨神 ツギニイモオホトノベノカミ 次於母陀流神 ツギニオモダルノカミ 次妹阿夜上訶志古泥神 ツギニアヤカシコネノカミ 次伊邪那岐神 ツギニイザナキノカミ 次妹伊邪那美神 ツギニイモイザナミノカミ 上件 カミノクダリノ 自國之常立神以下伊邪那美神以前 クニノトコタチノカミヨリシモ イザナミノカミヨリサキ 幷稱神世七代 アハセテカムヨナナヨトイフ