古事記 上卷 伊邪那美の神避り -2

故爾伊邪那岐命詔之愛我那邇妹命乎
シカルユエニ イザナギノミコトノラサク コノウツクシアガナニモノイノチカナ

謂易子之一木乎
コノヒトツキニカフトイフカナ

乃匍匐御枕方
スナハチ ミマクラノカタニ

匍匐御足方而哭時
ハヒミアシノカタニハヒテ スナハチナキタルトキ

於御淚所成神
ミナミダストコロニオイテカミナリ

坐香山之畝尾木本
カグヤマノウネビノキノモトニマシ

名泣澤女神
ナハ ナキサワメノカミ


カレ

其所神避之伊邪那美神者
ソノカムサリシトコロノイザナミノカミハ

葬出雲國與伯伎國堺比婆之山也
イズモノクニトホウキノクニトヲサカフヒバノヤマニハブルナリ

比婆山




このブログの人気の投稿

古事記 上卷 天の石屋戸(アメノイワヤト) -1

古事記 上卷 伊邪那岐命と伊邪那美命 -2

古事記 上卷 因幡の白兎(イナバノシロウサギ) -1

古事記 上卷 八十神の迫害(ヤソガミノハクガイ) -1

古事記 上卷 幷序 第壱段 古伝承とその意義 -3