古事記 上卷 黄泉国 -2

於是伊邪那岐命
ココニオイテイザナギノミコト

見畏而逃還之時
ミメシテオソリテシカルニニゲカヘリタマヒシノトキ

其妹伊邪那美命言
ソノイモイザナミノミコトイヒシク

令見辱吾
アレニハヅカシケルヲミシムトイヒキ

卽遣豫母都志許賣令追
スナハチヨモツシコメヲツカハシオハシム

爾伊邪那岐命
ココニイザナギノミコト

取黑御𦆅投棄
クロミカヅラヲトリテナゲスチ

乃生蒲子
スナハチエビカヅラオヒ

是摭食之間
コレヲヒロヒハミシノマニ

逃行
ニゲユキキ

猶追
ナホオヒテ

亦刺其右御美豆良之湯津津間櫛引闕而投棄
マタソノミギノミミヅラニサシシノユツツマグシヒキカキシカルニナゲスチ

乃生笋
スナハチタカムナオヒ

是拔食之間
コレヲヌキハミシノマニ

逃行
ニゲユキキ

黄泉比良坂


このブログの人気の投稿

古事記 上卷 湏賀の宮(スガノミヤ) -2

古事記 上卷 伊邪那岐命と伊邪那美命 -3

古事記 上卷 幷序 第弐段 古事記撰録の発端 -2

古事記 上卷 伊邪那岐命と伊邪那美命 -2

古事記 上卷 神世七代 -2

古事記 上卷 神世七代 -1

古事記 上卷 伊邪那美の神避り -2