古事記 上卷 八俣の大蛇退治(ヤマタノオロチタイジ) -1


カレ

所避追而
ヤラハエテ

降出雲國之肥上河上・名鳥髮地
イヅモノクニノ ヒノカハカミナル トリカミノトコロニ クダリマシキ

此時箸從其河流下
コノヲリシモ ハシ ソノカハヨリナガレクダリキ

於是須佐之男命
ココニ スサノヲノミコト

以爲人有其河上而
ソノカハカミニ ヒトアリケリト オモホシテ

尋覓上往者
マギノボリ イデマシシカバ

老夫與老女二人在而
オキナトオミナト フタリ アリテ

童女置中而泣
ヲトメヲ ナカニスエテ ナクナリ

爾問賜之汝等者誰
イマシタチハ タレゾト トヒタマヘバ

故其老夫答言僕者國神
ソノオキナ アハ クニツカミ

大山上津見神之子焉
オホヤマツミノカミノ コナリ

僕名謂足上名椎
アガナハ アシナヅチ

妻名謂手上名椎
メガナハ テナヅチ

女名謂櫛名田比賣
ムスメガナハ クシナダヒメトマヲスト マヲス

亦問汝哭由者何
マタ イマシノナクユエハ ナニゾト トヒタマヘバ

答白言我之女者自本在八稚女
アガムスメハ モトヨリ ヤヲトメ アリキ

是高志之八俣遠呂智毎年來喫
ココニ コシノ ヤマタヲロチナモ トシゴトニ キテ クフナル

今其可來時故泣
イマソレ キヌベキ トキナルガユエニ ナクトマヲス

爾問其形如何
ソノカタチハ イカサマニカト トヒタマヘバ

答白彼目如赤加賀智而身一有八頭八尾
ソレガメハ アカカガチナシテ ミヒトツニ カシラヤツ ヲヤツ アリ

亦其身生蘿及檜榲
マタソノミニ コケ マタ ヒスギオヒ

其長度谿八谷峽八尾而
ソノナガサ タニヤタニヲ ヤヲヲ ワタリテ

見其腹者悉常血爛也
ソノハラヲミレバ コトゴトニ イツモ チアエ タダレタリ トマヲス

此謂赤加賀知者
ココニ アカカガチト イヘルハ

今酸醤者也
イマノホホヅキナリ

八俣大蛇公園



このブログの人気の投稿

古事記 上卷 天の石屋戸(アメノイワヤト) -1

古事記 上卷 伊邪那岐命と伊邪那美命 -2

古事記 上卷 因幡の白兎(イナバノシロウサギ) -1

古事記 上卷 八十神の迫害(ヤソガミノハクガイ) -1

古事記 上卷 幷序 第壱段 古伝承とその意義 -3