古事記 上卷 禊祓 -1

是以
コヲモチテ

伊邪那伎大神詔
イザナギノオホミカミノタマハク

吾者到於伊那志許米
アレハイナシコメ

志許米岐穢國而在祁理
シコメキキタナキクニニイタリテスナワチアリケリ


カレ

吾者爲御身之禊
アレハオホミミノミソギヲセムトノタマヒテ


シカルニ

到坐竺紫日向之橘小門之阿波岐原而
チクシヒムカノタチバナノヲドノアハキハラニテシカルニ

禊祓也
ミソギハラヒタマヒキナリ

水


このブログの人気の投稿

古事記 上卷 天の石屋戸(アメノイワヤト) -1

古事記 上卷 伊邪那岐命と伊邪那美命 -2

古事記 上卷 因幡の白兎(イナバノシロウサギ) -1

古事記 上卷 八十神の迫害(ヤソガミノハクガイ) -1

古事記 上卷 幷序 第壱段 古伝承とその意義 -3