古事記 上卷 天地初発 -2


ツギニ

國稚如浮脂而久羅下那州多陀用幣流之時
クニワカク ウカベルアブラノゴトクシテ クラゲナスタダヨヘルノトキニ

如葦牙
アシカビノゴトク

因萌騰之物而成神名
モエアガルモノニヨリテナルカミノナハ

宇摩志阿斯訶備比古遲神
ウマシアシカビヒコヂノカミ

次天之常立神
ツギニ アメノトコタチノカミ

此二柱神亦
コノフタハシラノカミマタ

獨神成坐而
ヒトリカミナリマシ スナハチ

隱身也
ミヲカクシマセリナリ

上件五柱神者
カミノクダリイツハシラノカミハ

別天神
コトアマツカミゾ

稲佐の浜






このブログの人気の投稿

古事記 上卷 天の石屋戸(アメノイワヤト) -1

古事記 上卷 伊邪那岐命と伊邪那美命 -2

古事記 上卷 因幡の白兎(イナバノシロウサギ) -1

古事記 上卷 八十神の迫害(ヤソガミノハクガイ) -1

古事記 上卷 幷序 第壱段 古伝承とその意義 -3