古事記 上卷 建速須佐之男命の昇天 -1

故於是
カレココニ

速須佐之男命言
ハヤスサノヲノミコトイハク

然者
シカクアレバ

請天照大御神
アマテラスオホミカミニ

將罷
マカムヲコヒテ

乃參上天時
スナハチアマニマヰノボラムトストイヒキ

山川悉動
トキニヤマカワコトゴトクトヨミテ

國土皆震
クニノツチナヰフリキ

爾天照大御神
ココニアマテラスオホミカミ

聞驚而詔
キコシオドロキテノタマヒシク

我那勢命之上來由者
ワガナセノミコト コレノボリクルヨシハ

必不善心
カナラズヨカラヌココロニテ

欲奪我國耳
ワガクニヲウバハムトホリスルノミトノタマヒキ

卽解御髮
スナハチ ミカミヲトキ

纒御美豆羅而
ミミヅラヲマトヒタマヒキ

乃於左右御美豆羅
スナハチ ヒダリミギノミミヅラニ

亦於御𦆅
マタミカヅラニ

亦於左右御手
マタサユウノミテニ

各纒持八尺勾璁之五百津之美須麻流之珠而
オノモオノモ ヤサカノマガタマノイホツノミスマルノタマヲマトヒモチテ

曾毘良邇者
ソビラニハ

負千入之靫
チノリノユキヲオヒテ

比良邇者
ヒラニハ

附五百入之靫
イホノリノユキヲツケタマヒキ

亦所取佩伊都之竹鞆而
マタ イツノトモヲトリハカシタマヒテ

弓腹振立而
ユハラフリタテテ

堅庭者
カタニハハ

於向股蹈那豆美
ムカモモニフミナヅミ

如沫雪蹶散而
アハユキゴトクヱハララカシ

伊都之男建蹈建而待問
イツノヲタケブフミタケビテマチ

何故上來
ナニユヱニノボリキタルカトトヒタマヒキ

幣立神宮




このブログの人気の投稿

古事記 上卷 天の石屋戸(アメノイワヤト) -1

古事記 上卷 伊邪那岐命と伊邪那美命 -2

古事記 上卷 因幡の白兎(イナバノシロウサギ) -1

古事記 上卷 八十神の迫害(ヤソガミノハクガイ) -1

古事記 上卷 幷序 第壱段 古伝承とその意義 -3