古事記 上卷 幷序 第壱段 古伝承とその意義 -3

是以
コヲモチ

番仁岐命
ホノニニギノミコト

初降于高千嶺
ハジメテ タカチノミネニ オイテオリ

神倭天皇
カムヤマトスメラミコト

經歷于秋津嶋
アキツシマヲ メグルニオイテ

化熊出川
ホノカナル クマツメヲイダシ

天劒獲於高倉
アマツツルギ タカクラニオイテ

生尾遮徑
エオノハユ ミチヲ フサグ

大烏導於吉野
ヤタカラス ヨシノニオイテ ミチビク

列儛攘賊
マヒツラナリ アタヲハラヒ

聞歌伏仇
ウタヲキキテ アタヲフセス

熊野那智大社の八咫烏像




このブログの人気の投稿

古事記 上卷 天の石屋戸(アメノイワヤト) -1

古事記 上卷 伊邪那岐命と伊邪那美命 -2

古事記 上卷 因幡の白兎(イナバノシロウサギ) -1

古事記 上卷 八十神の迫害(ヤソガミノハクガイ) -1