古事記 上卷 幷序 第壱段 古伝承とその意義 -1

古事記上卷幷序
フルキコトノフミ カミツマキ ツギテアワセム

臣安萬侶言
ヤツカレ ヤスマロ マヲス



混元既凝
マジリシハジメ スデニコリ

氣象未效
カタチ イマダアラハサズ

無名無爲
ナナク ワザモナク

誰知其形
タレカ ソノカタチヲシラム


シカルニ

乾坤初分
アメツチニ ハジメテワカレ

參神作造化之首
サンシンハ ゾウケノハジメトナシ

陰陽斯開
ヲカクヒラキ

靈爲群品之祖
フタタマハ モロモロノ オヤトナル

所以
コノユエニ

出入幽顯
ヨミト ウツト イデイリ

日月彰於洗目
メヲアラフニオイテ ヒルメ ツクヨミ アラハレ

浮沈海水
ウシホニ ウキククリシ

神祇呈於滌身
ミヲアラフニオイテ アマツカミ クニツカミ アラハル

桜



このブログの人気の投稿

古事記 上卷 誓い(ウケイ) -3

古事記 上卷 伊邪那岐命と伊邪那美命 -1

古事記 上卷 国生み -2

古事記 上卷 誓い(ウケイ) -2

古事記 上卷 神生み -4

古事記 上卷 国生み -3

古事記 上卷 禊祓 -2